©2019 by 小林 聡 Official Website. Proudly created with Wix.com

  • ニュー・シネマ・パラダイス(クラリネット8重奏またはクワイアー)

    ¥2,000価格
    • 作曲者

      E.モリコーネ/A.モリコーネ

    • 編曲者

      小林さとし

    • 曲名

      ニュー・シネマ・パラダイス(ニュー・シネマ・パラダイス、トトとアルフレード、成長、思い出、愛のテーマ)

    • 編成

      クラリネット8重奏またはクワイアー

    • パート

      B♭Clarinet 1 

      B♭Clarinet 2 

      B♭Clarinet 3 

      B♭Clarinet 4 

      B♭Clarinet 5
      B♭Clarinet 5 (Option Alto Clarinet、Basethorn) 

      Bass Clarinet 

      Contralto Clarinet (Option Contralto Clarinet or Double Bass)

    • 演奏時間

      約9分

    • グレード

      2

    • 解説

      ニュー・シネマ・パラダイス エンニオ・モリコーネ(1928ー)は、ローマ生まれのイタリアの作曲家で、1950年代から映画音楽の 作曲、編曲をしています。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」「ミッション」「アンタッチャブル」 など数々の名画の音楽を手がけています。2016年には「ヘイトフル・エイト」でアカデミー賞作曲賞を受賞 しました。 「ニュー・シネマ・パラダイス」はジュゼッペ・トルナトーレ監督のイタリア映画で1988年に公開されています。 モリコーネは、当時別の映画の仕事が入っていたのにも関わらず、この映画の台本を読むとそれを断って 「ニュー・シネマ・パラダイス」の音楽を引き受けました。「愛のテーマ」は息子のアンドレアが作曲したものに エンニオが少し手を加えたとエンニオ自身が語っています。 この楽譜はクラリネット8重奏のために書いてありますが、いくつかのパートの人数を増やしクラリネット クワイアーで演奏するのことも可能です。6番クラリネットは、アルトクラリネットまたは、バセットホルンで、 コントラルトクラリネットは、コントラバスクラリネット、ダブルベースで代用または、重複できます。

    • 価格

      2000円

    • 販売形態

      ダウンロード販売

    • サイズ/ページ数

      210 × 297 mm / 17ページ